think-cell、2012年パラリンピックでNiels Grunenbergを応援

ベルリン/ロンドン、2012年9月3日

ロンドンで数日間の集中トレーニングを受け、think-cellの支援を受けているベルリン水泳チームの数人のチームメートがすでに好成績をおさめる中、Niels Grunenbergは水曜の男子100m平泳ぎの試合を楽しみにしています。Nielsはこの試合に熱中しており、「本当に信じられません!すばらしいパフォーマンスを見せようと、皆意気込んでいます。トレーニングでは非常に速く泳ぐことができました。試合の日までこの好調さを維持できればと思います」と述べています。

think-cellはNielsを全力で応援しています!水曜日には試合会場に足を運び、彼を現場でサポートする予定です。

ベルリン水泳チームの概要

2008年に創設されて以来、ベルリン水泳チームはあっという間にドイツのパラリンピックスポーツでトップチームのひとつになりました。ベルリンは多数のアスリートにとって最良のトレーニング施設が整っているだけでなく、若く経験の少ない競泳選手をベテランに引き合わせることができる場所でもあります。2009年以降、ベルリン水泳チームはドイツパラリンピック委員会の全国水泳チームの3分の1以上の選手を輩出しており、ベルリンは競技会で存在感を放っています。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。