think-cell、2012年パラリンピックでNiels Grunenbergを応援

ロンドンで数日間の集中トレーニングを受け、think-cellの支援を受けているベルリン水泳チームの数人のチームメートがすでに好成績をおさめる中、Niels Grunenbergは水曜の男子100m平泳ぎの試合を楽しみにしています。Nielsはこの試合に熱中しており、「本当に信じられません!すばらしいパフォーマンスを見せようと、皆意気込んでいます。トレーニングでは非常に速く泳ぐことができました。試合の日までこの好調さを維持できればと思います」と述べています。

think-cellでは全力で応援しています! 水曜日には試合会場に足を運び、彼を現場でサポートする予定です。

ベルリン水泳チームの概要

2008年に創設されて以来、ベルリン水泳チームはあっという間にドイツのパラリンピックスポーツでトップチームのひとつになりました。ベルリンは多数のアスリートにとって最良のトレーニング施設が整っているだけでなく、若く経験の少ない競泳選手をベテランに引き合わせることができる場所でもあります。2009年以降、ベルリン水泳チームはドイツパラリンピック委員会の全国水泳チームの3分の1以上の選手を輩出しており、ベルリンは競技会で存在感を放っています。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア