Sebastian Theophil presents at Smart Graphics 05

Munich/Berlin, August 22-24, 2005

学界へのthink-cellの継続的な貢献の一環として、think-cellのシニアソフトウェアエンジニアのセバスチャン・テオフィル(Sebastian Theophil)とCTOのアルノ・ショドル(Arno Schödl)は棒グラフの自動ラベリングに関する論文を発表しました。Sebastianはミュンヘンに近いFrauenwörthで第5回国際スマートグラフィックスシンポジウムでこの論文を発表しました。

論文の理論的な価値のほかにも、シンポジウムの参加者は特にthink-cellが発表した研究が実際に現実世界の製品に適用され、現在、数千人のユーザーが使用しているという点に驚きました。

スマートグラフィックスの概要

スマートグラフィックスは、人工知能テクニックに基づく自動コンピューターグラフィックスに関する主要なシンポジウムです。この分野のトップ専門家が集まり、その成り行きはSpringer-Verlagの有名な「Lecture Notes in Computer Science(コンピューターサイエンスの講義ノート」シリーズで発表されます。

国際スマートグラフィックスシンポジウム

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。