Sebastian Theophil、スマート グラフィックス05で講演 

学界へのthink-cellのの継続的な貢献の一環として、think-cellのシニアソフトウェアエンジニアのセバスチャン・テオフィル(Sebastian Theophil)とthink-cellのCTOのアルノ・ショドル(Arno Schödl)は棒グラフの自動ラベリングに関する論文を発表しました。Sebastianはミュンヘンに近いFrauenwörthで第5回国際スマートグラフィックスシンポジウムでこの論文を発表しました。

論文の理論的な価値のほかにも、シンポジウムの参加者は特にthink-cellが発表した研究が実際に現実世界の製品に適用され、現在、数千人のユーザーが使用しているという点に驚きました。

スマートグラフィックスの概要

スマートグラフィックスは、人工知能テクニックに基づく自動コンピューターグラフィックスに関する主要なシンポジウムです。この分野のトップ専門家が集まり、その成り行きはSpringer-Verlagの有名な「Lecture Notes in Computer Science(コンピューターサイエンスの講義ノート」シリーズで発表されます。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア