ナレッジ ベース KB0215

内部データシートを開くと、「Trend Micro脅威/違反が見つかりました」というメッセージが表示されます

問題

think-cellのグラフを挿入したり、既存のグラフの内部データシートを開こうとすると、脅威が見つかりブロックされたというTrend Microメッセージが表示されます。

Trend Microエラー:脅威/違反が見つかりました

think-cellの古いバージョンを使用すると、以下の状態が発生することもあります。

  • 内部データシートが開きません。
  • think-cellの更新がインストールされましたというthink-cellのメッセージが表示されました。新しいバージョンを使用するには、更新がインストールされていない場合でもアプリケーションを再起動してください。

原因

Trend Microが、可能なマルウェアとしてthink-cellの内部データシートにフラグを付け、これをブロックしようとします。

解決策

think-cell 9には回避策が含まれており、データシートを期待通りに開いて使用することができます。ただし、それでもTrend Microのメッセージが表示されます。弊社のダウンロードWebページからthink-cellの最新バージョンをダウンロードしてください。

弊社では、この問題についてTrend Microと話し合いを行いましたが、まだ完全な解決策は見つかっていません。貴社がTrend Microの顧客として解決策を要望なさりたい場合は、Trend Microサポートに連絡し、チケット番号SEG-11331/ 00493169を使用してください。

Trend Microのメッセージを完全に非表示にしたい場合は、変更できるTrend Microの設定がニつあります。ウィルス防止設定を変更する前に、社内のIT部門に連絡するようお勧めします。

  • スキャンの設定ハッカーによって悪用されたプログラムはただちに終了するを選択解除し、悪用防止保護を無効にすると、このメッセージは表示されなくなります。
  • Excel.exeを例外リストに追加すると、Trend MicroはExcelで脆弱性をチェックしなくなるため、think-cellのフラグも出ません。

サポートに問い合わせ

think-cell 9の最新バージョンをインストールしても内部データシートが開かない場合は、弊社のサポート チームまでご連絡ください。