ナレッジ ベース KB0191

think-cellスタイル ファイルの編集で推奨されるセットアップ

はじめに

Think-cellスタイル ファイルは、think-cellグラフの既定の色やスタイル、設定をカスタマイズするために使用できます。think-cellスタイル ファイルのドキュメントについては、弊社のオンライン ユーザー マニュアルの「付録C . think-cellのカスタマイズ」を参照してください。
この記事では、有効なthink-cellスタイル ファイルを作成するために推奨されるセットアップについて説明します。

think-cellスタイル ファイルの編集

原則として、プレーンテキスト ファイルを作成するプログラムはどれでもエディターとして使用できます。think-cellスタイル ファイルは、専用のXMLエディターを使用して作成する必要があります。スタイル ファイルにエラーがないかチェックできるようにするためです。弊社ではMicrosoftの無料のVisual Studioを使用するようお勧めしています(どのバージョンでも構いません)。現時点で最高のXML編集機能を備えています。

Microsoftのダウンロード ページにアクセスし、無料エディション(Visual Studio Community)を選択してインストーラーを実行してください。指示されたら再びVisual Studio Communityを選択します。このソフトウェアのインストール中に問題が発生した場合は、貴社のIT部門に連絡してください。

Microsoft Visual Studioの設定

インストール中にXMLサポートを追加する

  1. Visual Studioのコンポーネントを選択できるウィンドウで [個別のコンポーネント] → [クラウド、データベース、およびサーバー] → [Web配置] をクリックします。
  2. [インストール] をクリックします。

弊社のWebサーバーからの関連構文定義(XMLスキーマ)の自動ダウンロードを有効にします。

  1. Visual Studio → [ツール] → [オプション…] を選択します。
  2. 左側で [テキスト エディター] カテゴリーに進みます。
  3. [XML] → [その他] を選択します。
  4. [DTD とスキーマを自動的にダウンロードする] を有効にします。

エラー一覧表示を有効にします。

  1. [表示] → [エラー一覧] を選択します。

これで、ハイライトされたエラーの上にマウスを動かすと、エラーの詳細な説明が記載されたヒントが表示されます。警告またはエラーが示されている場合は、スタイル ファイルを使用する前に修正してください。