ナレッジ ベース KB0090

一部の通常のPowerPointボタンでヒントに"think-cell"が表示される

問題

PowerPointを使用すると、一部の通常のPowerPointボタンでヒントに"think-cell"が表示されます。

説明

think-cellは、通常のPowerPointの動作にスムーズに統合できるよう一部のPowerPoint機能をフックする必要があります。たとえば、think-cellオブジェクトの選択時に整列ボタンを押すと、think-cellは内部情報を更新しなくてはなりません。通常、think-cellがフックしているボタンをクリックすると、think-cellは独自のメンテナンス作業を行い、PowerPointに呼び出しを転送し、PowerPointは通常どおり同じ機能を実行します。

ボタンをフックしたアドインへのヒントを含むツールチップが、Microsoft Officeの一部のバージョンで生成されます。アドインがこのヒントを変更または抑制することはありません。PowerPointはツールチップにより、特定の機能が一部のアドインにリダイレクトされていることをユーザーに知らせます。これは、悪意のあるソフトウェアを誤って実行しないようにするセキュリティ機能といえます。

さらに問題がありますか?

特定のPowerPointの機能で問題が発生し、この機能をフックしたthink-cellが原因ではないかと疑われる場合は、「KB0091:問題の原因になっているアドインを見つけるには?」の指示に従ってください。