ナレッジベース KB0215

KB0215:内部データシートを開くと、「Trend Micro脅威/違反が見つかりました」というメッセージが表示されます

問題

think-cell のグラフを挿入したり、既存のグラフの内部データシートを開こうとすると、脅威が検出されブロックされたという Trend Micro からのメッセージが表示されます。

Trend Microエラー:脅威/違反が見つかりました

think-cellの古いバージョンを使用すると、以下の状態が発生することもあります。

  • 内部データシートが開きません。
  • think-cellの更新がインストールされましたというthink-cellのメッセージが表示されました。新しいバージョンを使用するには、更新がインストールされていない場合でもアプリケーションを再起動してください。

原因

Trend Microが、可能なマルウェアとしてthink-cellの内部データシートにフラグを付け、これをブロックしようとします。

解決策

Trend Micro は セキュリティソフトウェア向けに hotfix 2161 を発行しています。 hotfix 2161 は think-cell のデータシートを開く際に脅威に関するメッセージが表示される動作を停止します。Trend Micro のサポートにお問い合わせの上、この hotfix の提供を依頼し、チケット番号 SEG-76103 および SEG-75945 と Trend Case 03106786 を参照してください。

hotfix を使用する解決策が利用できない場合、挙動のモニタリングまたは Excel の処理のいずれかに関する Trend Micro からのメッセージ表示を完全にオフに設定する解決策をお試しいただけます。ウィルス防止設定を変更する前に、社内のIT部門に連絡するようお勧めします。

  • スキャンの設定ハッカーによって悪用されたプログラムはただちに終了するを選択解除し、悪用防止保護を無効にすると、このメッセージは表示されなくなります。
  • Excel.exeを例外リストに追加すると、Trend MicroはExcelで脆弱性をチェックしなくなるため、think-cellのフラグも出ません。

サポートに問い合わせ

think-cell の最新バージョンをインストールしているにも関わらず内部データシートが開かない場合は、 までお問い合わせください。

シェア