think-cell、Microsoft認定パートナーになる  

ベルリン、2004年12月28日

マイクロソフトは本日、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)/ソフトウェアソリューションコンピテンシーにおいて、think-cellをマイクロソフト 認定 パートナーに指定しました。think-cellの旗艦製品PowerPointグラフ作成パッケージthink-cellグラフ–がMicrosoft WindowsとMicrosoft Officeの必要なプラットフォーム テストに合格し、think-cell のお客様には推薦状を提供し、製品の品質を確認していただきました。

「このプラットフォームテストでは、弊社のお客様が毎日の仕事で経験していることが確認されました。弊社のR&D チームはすばらしい技量で、think-cellグラフをMicrosoft WindowsおよびOffice環境に統合してくれました」と語るのはthink-cellのCEO、Dr. Markus Hannebauer です。

CTOのDr. Arno Schödlはthink-cellで以下のように説明しています。「Microsoft 認定 パートナーとして、弊社は新しいMicrosoft WindowsおよびOfficeの新しいバージョンに関する最先端の情報を受領できるようになります。このため、弊社のお客様が検討を始める前からthink-cell製品はどのような新しいMicrosoft のテクノロジーとも互換性があることを保証できるようになります」と述べています。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。

シェア