think-cellのR&Dパートナー、フラウンホーファFIRST、20周年を祝う

ベルリン、2003年11月7日

フラウンホーファ・コンピュータ・アーキテクチャ・ソフトウェア技術インスティチュート(FIRST)は本日、20周年を祝い、20年におよぶ継続的な成功を振り返りました。

FIRSTのディレクター、Dr. Stefan Jähnichenは「この20年、FIRSTは複雑なシステムを理解し習熟する上で産学研究のトップ機関として走ってきました。私たちのパートナーの皆様はこの点で安心していただくことができます」と述べました。

FIRSTとそのスピンオフであるthink-cellの特別な関係から、特に知能システムの分野で多数の学術的な貢献が生まれました。このような貢献は引き続きthink-cellの革新的な製品のインスピレーションとなっています。

フラウンホーファFIRST

欧州の技術的、組織的イノベーションのトップ組織の一部として–フラウンホーファソサエティ–FIRSTは、複雑なシステムを理解し習熟すべく研究を行っています。このため、FIRSTは制約技術と組合せ最適化を非常に重視しています。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。