think-cellのR&Dパートナー、フラウンホーファFIRST、20周年を祝う 

フラウンホーファ・コンピュータ・アーキテクチャ・ソフトウェア技術インスティチュート(FIRST)は本日、20周年を祝い、20年におよぶ継続的な成功を振り返りました。

FIRSTのディレクター、Dr. Stefan Jähnichenは「この20年、FIRSTは複雑なシステムを理解し習熟する上で産学研究のトップ機関として走ってきました。私たちのパートナーの皆様はこの点で安心していただくことができます」と述べました。

FIRSTとそのスピンオフであるthink-cellの特別な関係から、特に知能システムの分野で多数の学術的な貢献が生まれました。このような貢献は引き続きthink-cellのの革新的な製品のインスピレーションとなっています。

フラウンホーファFIRST

欧州の技術的、組織的イノベーションのトップ組織の一部として–フラウンホーファソサエティ–FIRSTは、複雑なシステムを理解し習熟すべく研究を行っています。このため、FIRSTは制約技術と組合せ最適化を非常に重視しています。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア

You have not given us your consent to the use of cookies. You can change this decision in our privacy policy.