EAT++(カイザースラウテルン工科大学)

イベントの内容

2013年12月13日、私たちはカイザースラウテルン工科大学を訪問しました。「LaTeXを使用しないレイアウト:インタラクティブかつ直観的」という講演の中でthink-cellのシニアソフトウェアエンジニア、Dr. Sebastian Theophilは自動スライドレイアウトに関する研究結果を発表しました。Dr. Daniel Sonntagによる「インテリジェントなユーザー インターフェイスのデザインと実装」という講演の一部として、カイザースラウテルンのドイツ人工知能研究センター(DFKI)でこのイベントを開催することができたのは特に光栄でした。

講演の後、think-cellは講堂の外で美味なランチビュッフェを提供しました。学生、大学のスタッフ、コンピューターサイエンスの教授のほか、たまたま通りかかったDFKI職員が数時間にわたってランチと会話を楽しみました。

自動スライドレイアウトに関するSebastianの講演は...

...拍手喝さいを浴び、興味深い質問が飛び交いました。

講堂の外に用意されたビュッフェは好評でした。

舌鼓を打ちながらゲストと知り合うことができる楽しい時間でした。

コンピューター サイエンスの教授のほか...

...大学のスタッフや...

...学生の皆さんがビュッフェを満喫しました。

質問は講演のほか...

...think-cellや...

...テクニカル サポートと開発分野での...

...キャリアの機会など...

多岐にわたりました。つまるところ、ラインラント=プファルツ州への短い訪問は楽しいものでした。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にClaudia Romanまでお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

Claudia Roman、think-cell人事担当