ナレッジ ベース KB0211

McAfee WebAdvisorとの競合

問題

McAfee WebAdvisor、think-cell、別のセキュリティ ソフトウェア製品をインストールしていますが、

この設定ではMcAfee WebAdvisorがMicrosoft Officeの基本的な機能を中断します。これはthink-cellなしでも再現できます。たとえば、既存のMicrosoft Officeグラフのデータシートを開けません。Excelワークシートなどの埋め込まれたドキュメントを編集しようとすると、エラー メッセージが表示され、ドキュメントが開きません。

この問題はthink-cellにも影響します。think-cellを使用すると、以下のいずれかの問題が発生する可能性があります。

think-cell 9

  • 新しいthink-cellのグラフを挿入すると、内部のデータシートが開きません。
  • 既存のthink-cellグラフが含まれているファイルを開くと、think-cell機能が失われます。

いずれのケースでも、この非互換性に関する以下のthink-cellメッセージの警告が表示されます。

McAfee競合メッセージ

think-cell 8

  • 新しいthink-cellグラフを挿入すると、グラフは空になり、内部のデータシートは開かず、エラー メッセージが表示されます。McAfee競合エラー警告
  • 既存のthink-cellグラフが含まれているファイルを開くと、think-cell機能が失われます。

エラーの発生後は、PowerPointファイルを保存しないでください。WebAdvisorが、PowerPointプレゼンテーションで埋め込まれた文書にダメージを与えます。このため、既存のthink-cellグラフは、McAfee WebAdvisorが有効になっている状態で開くと、think-cellの機能を失います。一度、機能が失われると、これを復元することはできません。

解決策

McAfee WebAdvisorサポートによると、WebAdvisorバージョン4.0.7.148にはこの問題の修正が含まれています。McAfee WebAdvisorを更新して、PCを再起動してください。

McAfee WebAdvisorの最新版を使用しても問題が発生する場合は、弊社のサポート チームまでご連絡ください。いずれの場合も、McAfee WebAdvisorをアンインストールすると、この問題は解決できます。これは完全なMcAfee Antivirus製品ではなく、Webサイトのセキュリティに関して通知しようとするものである点に留意してください。

このケースについてはMcAfeeに報告しています。McAfeeに修正プログラムを依頼する場合は、サポート リクエスト#2268703322を使用してください。