ナレッジベース KB0229

箱ひげ図の作成方法とは?

箱ひげ図 (ボックスプロットとも呼ばれます) は、think-cell のExcelデータのリンクを使用して作成できます (「Excel データ リンク」を参照)。リンク box_and_whisker.zip から、Excel と PowerPoint 用の think-cell テンプレート ファイルをダウンロードできます。

箱ひげ図

.zip ファイルを解凍し、含まれている Excel Workbook の手順に従って、データを追加してください。テンプレートは、生データから五数要約を算出し、think-cell の Excel リンク用のデータ ソースとして配置します。リンクされたグラフが PowerPoint で自動更新され、自分のデータに基づく箱ひげ図が表示されます。

  • 最大値と第3四分位数の間と最小値と第1四分位数の間に配置された誤差範囲 (「誤差範囲」を参照) を使用して、箱ひげ図のひげが作成されます。
  • 積み上げセグメントとして箱が作成されます。箱がベースラインに触れていない場合、塗りつぶしなしのセグメントはベースライン軸上下に箱セグメントを「浮かせて表示」(切り離して表示) させるために使用されます。
  • 箱がベースラインをまたいでいる場合、箱はベースラインの上と下2つのセグメントに分けられます。

シェア