think-cell、中欧のトップコンサルティング企業5社のうち4社にサービスを提供 

重視しているのが収益か顧客満足度かに関わらず、Microsoft PowerPoint–でグラフを作成するためのthink-cellグラフthink-cellの旗艦製品は中欧のトップコンサルティング企業5社のうち4社で使用されています。

「この規模のこれほど多くの企業に使用されているという事実が、think-cellグラフの中核的な質を示しています。私たちは、世界トップの技術で強力な市場の競合他社の役にも立つ基準的な製品を作成しました。同時に、お客様の成功の基盤となる方法の違いをサポートしています」 と、think-cellの CEOのMarkus Hannebauerは語ります。

トップ企業4社は、中欧の社員全員のためにライセンスを購入しています。そのうち2社は、世界中の全社員向けにライセンスを購入しています。Markusは言います。「ここ数年の間に製品の提供先を顧客企業と中小規模のコンサルティング事務所に広げてきましたが、世界のコンサルティング企業大手にも引き続きすばらしいサービスを提供してきます。これらの企業には最初から弊社のメンターを務めていただいており、そのご意見はユーザーベース全体に恩恵をもたらしています。」

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア