think-cell、2002年ベルリンStartUpコンペで優勝

ベルリン、2002年4月26日

ベルリンの新しいシティセンター、Potsdamer Platzが2002年ベルリンStartUp賞の会場になりました。think-cellはベストビジネスコンセプト賞を受賞しました。「商業評議員」のGregor Gysiが、Berliner Sparkasseから25,000ユーロの賞金とともにこの賞を授与しました。

StartUpについて

StartUpはドイツで最大の起業支援イニシアチブです。公共銀行ネットワーク、Deutscher Sparkassen- und Giroverband、ニュース雑誌「Stern」、経営コンサルティング企業のMcKinsey &Company、公共テレビ局ZDFによって組織されました。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。