HackerXイベント(ベルリン)

イベントの内容

私たちは常にエキサイティングな新しいイベントに参加して、すばらしいディベロッパーに会いたいと考えています。そのため、ベルリンで「スピードデート」の面接イベントに招待されたときは、参加することを即決しました。HackerXイベントは人脈作りを行う夕べという形式で組織され、様々な企業から約20人の代表者と、事前に審査され、特に参加企業の求人ニーズに基づいて招待された多数の候補者が出席します。弊社のシニアソフトウェアディベロッパー、Volkerはこのクールなイベントですばらしい時間を過ごし、数多くの優秀な専門家に会いました。

最初から誰を探しているのか私たちにはわかっていました。

この夜は短い歓迎スピーチから始まり...

...主催企業とHackerXチームによる簡単なプレゼンテーションが行われました。

弊社のVolkerは積極的に参加し...

...面接にポジティブなエネルギーを持ちこみました。

楽しい夜を過ごし、非常に興味深い潜在的な候補者に何人か会いました。HackerXの皆さん、このすばらしいイベントを開催していただき、ありがとうございました!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)