IT&テックフェア(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)

イベントの内容

10月20日、私たちはキャンディバーをUCLのIT&テックフェアに持ちこみました。屋外の「おなじみの英国の天気」にひるむことなく、コンピューター サイエンス、分析、エンジニアリングの学生は熱心に弊社のスタンドを訪れ、think-cellやドイツで弊社が提供している就職機会の詳細を聞いてくれました。

弊社ソフトウェアディベロッパーのTobiasが自分の作業や、think-cellが直面しているソフトウェア開発の課題について質問に答えました。一方、英国で人気のおやつが満載の緑色のキャンディバーは、あっという間に注目の的になりました。また戻ってきます。UCLの皆さん、ありがとうございました!

弊社の新しいディベロッパーを見つけるため...

...甘さたっぷりの計画を携えてロンドンを訪れました。

UCLでのIT&テックフェアには、関心の高い学生が集まりました。

空腹でおいしいキャンディのみを求めていた人もいれば...

...ソフトウェア開発についておしゃべりできる機会を歓迎する人もいました。

キャンディバーの人気は衰えず...

...私たちはいつまでも...

...他のスタンドが閉まった後でも質問に答え続けました。UCLの皆さん、エキサイティングな夕べをありがとうございました!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にClaudia Romanまでお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

Claudia Roman、think-cell人事担当