エディンバラ大学でのITキャリアフェア

イベントの内容

2月3日、エディンバラ大学ITキャリアフェアを訪れ、スコットランドで最も賢く優秀な学生に会いました。エディンバラ大学の卒業生でもあるSimonは、スコットランドに帰郷し、スコットランド人にビスケットとベルリンでの就職機会を提供することを楽しみにしていました。エディンバラの非常に親しみのある学生に歓迎され、彼らの賢明な質問に答え、すばらしい午後を過ごしました。来年もまたお会いできることを祈っています。

私たちが誰を探しているのかは明確でした。

この抜け目のない方法で、まさに望んでいた学生を弊社のスタンドに勧誘しました。

弊社のエキサイティングなプロジェクトや難しい問題について説明し...

...ベルリンの中心地にある友好的な職場環境について質問に答えました。

他のスタンドが店じまいを始める頃になっても、私たちはまだ忙しく立ち働いていました。

その間、ドイツで最高のブラートヴルスト・ソーセージがキャンパスの雰囲気を盛り上げました。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)