イノバ・ジョブフェア(イルメナウ工科大学)

イベントの内容

2015年10月28日、私たちは明るい緑のキャンディバーでイルメナウ工科大学イノバ・ジョブフェアを盛り上げました。イルメナウの賢くチャーミングな学生たちには感銘を受けました。弊社のすばらしい就職機会や陽気なキャンディバーテンダー、大量の甘いおやつで彼らを魅了できたのではないかと思います。一方、初対面の人でもシュガー・ハイ状態でテクノロジーについて語り合うと面白いことがわかりました。イルメナウでまたお会いしましょう!

初めてのイルメナウでこの上なくすばらしい時間を過ごせました。

誘惑的なキャンディバーとエキサイティングな就職機会で...

...あっという間に新しい友人ができました!

キャンディバーでは突然、紳士になる人もいれば...

...わいわい楽しむ人もいました。

私たちが経験しているプログラミングの課題に関する質問に答え...

...ベルリンでの友好的な職場環境について質問しました。

非常に楽しい時間を過ごしました。イルメナウの皆さん、ありがとうございました!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)