コンピューター サイエンス デー(RWTHアーヘン)

イベントの内容

RWTHアーヘンのコンピューター サイエンス学部がコンピューター サイエンス デー2013を発表した際、think-cellはすぐにスケジュールを空けました。RWTHアーヘンとは特に親密な関係を築いているため、このイベントに全力で取り組むことにしたのです。キャンディ、カクテル、コメディほど、この日を盛り上げるために最適な小道具はありません。私たちの緑色のキャンディ バーはくつろいだ午後のひとときを演出し、「スリー ミニット マッドネス」は大好評でした。夜には弊社の緑色のカクテル バーが陽気な雰囲気を盛り上げました。

すばらしい1日でした。卒業生の皆さん、おめでとうございます!

キャンディ バーは美しく飾られ...

...出席者の皆様に喜んでいただけました。

知らない人からキャンディをもらうのはよくないので...

...私たちはまず...

...自己紹介をしました。

弊社の人事部門が優れたC++ディベロッパーを見つけるのは難しいと嘆いたため...

多くの人が...

...私たちのブースに来てくれました。

「最先端」と題打った講演の後、Alan Dix教授が弊社の説明を聞くために立ち寄ってくれました。

その後、キャンディだけではパーティーがもたないので...

...緑色のカクテル バーも登場...

...一晩中、人気スポットとなりました。

ゲストがカクテルを満喫し...

...think-cellのバーテンダーが忙しく立ち働く中...

...すばらしい時間を過ごしました!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にClaudia Romanまでお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

Claudia Roman、think-cell人事担当