ナレッジ ベース KB0159

ひとつのプレゼンテーションから別のプレゼンテーションにスライドをコピーするとthink-cellラベルのフォントが変わる

内容

ひとつのプレゼンテーションから別のプレゼンテーションにスライドをコピーすると、フォントのスタイルやフォント サイズが変わる可能性があります。ほとんどの場合、これはPowerPointで予期される動作です。ただし、PowerPointの古いpptファイル形式(Office 2003までは既定)とPowerPoint 2007以降の新しいpptxファイル形式の間でコピーすると、予期しない変化が生じることがあります。

新しいpptxファイル間のコピー

テキストでテーマのフォントが使用されており、ソース ファイルとコピー先ファイルのテーマのフォントが異なる場合は、フォントの種類が変わります。これは予期される動作です。

新しいPowerPointのテンプレートはOfficeドキュメントのテーマに基づいており、テーマのフォントも定義されています。

特定のテキスト ボックスでテーマのフォントが使われているか確認するには、PowerPointのフォント メニューをチェックしてください。テーマのフォントは、このメニューの別個の [テーマのフォント] セクションに一覧表示されており、フォント名に (見出し) または (本文) が付加されます。

think-cellラベルで使用されるフォントの種類は、PowerPointのプレゼンテーションまたはテンプレートのスライド マスターにある本文のテキスト プレースホルダーから得られます。

PowerPointの貼り付けオプションを使用すると、テーマのフォントを置き換えるかどうか指定できます。

  • [貼り付け先のテーマを使用する] では、貼り付け先ファイルのテーマのフォント(および他のテーマ設定)を適用します。これは既定で選択されています。
  • [元の書式を保持する] では、元のフォントと他のテーマ設定が維持されます。これを行うため、PowerPointはソース ファイルのスライド マスターを貼り付け先ファイルに暗黙的にコピーします。

[元の書式を保持する] を選択する方法はOfficeのバージョンによって異なります。

  • Office 2010以降:[ホーム] → [クリップボード] → [貼り付けオプション]([貼り付け] ボタンの下にある小さい矢印)から貼り付けオプションを選びます。

    Office 2010以降:貼り付けオプションのメニュー

    また、貼り付けられたスライドの横に表示されるスマート タグを使用することもできます。

    Office 2010以降:スライドを貼り付けた後、スライド プレビュー ウィンドウに表示されるスマート タグ

  • Office 2007:貼り付けられたスライドの横に表示されるスマート タグを使用します。

    Office 2007:スライドを貼り付けた後、スライド プレビュー ウィンドウに表示されるスマート タグ

古いpptと新しいpptxファイルの間のコピー

フォントの種類とフォント サイズは予期せず変わる可能性があります。この問題はすべてのpptファイルで生じるわけではありませんが、発生した場合はPowerPointが原因であり、think-cellを使用しなくても再現できます。

貼り付けオプション スマート タグ

サンプル テキストを含むテキスト ボックスを元のプレゼンテーションに挿入します。これをコピーして、コピー先のプレゼンテーションに貼り付けます。貼り付け後に表示されるスマート タグから以下のオプションを選択できます。

貼り付けオプション元の書式を保持する

Office 2007:[元の書式を保持する] を選んだ場合でも、フォントの種類が貼り付け先のテーマのフォントに変わり、サイズが変更される可能性があります。これはOffice 2007のバグで、Microsoftにより修正されません。

Office 2010以降:これは予期されている通りに機能します。Office 2010を使用してフォントが変わった場合は、おそらくMicrosoftが修正したバグが原因です。MicrosoftのOffice 2010向けの自動更新をインストールするか、最低でもKB2598346をインストールしてください。

貼り付けオプション貼り付け先のテーマを使用する

Office 2007以降:貼り付けられたテキスト ボックスは、貼り付け先プレゼンテーションの既定のPowerPointテキスト スタイルから得られたフォントのサイズになっています。既定のテキスト スタイルの書式設定オプションは以下では異なります。

  • 既定のテキスト ボックス既定の図形
  • スライド マスターテキスト プレースホルダーマスター テキスト スタイル

古いpptファイルと新しいpptxファイル間でコピーする場合の解決策には予期しない結果が伴います。

貼り付けオプション元の書式を保持する

Office 2007:Office 2010以降に更新します。MicrosoftはOffice 2007の修正を公表していません(セキュリティ関連の更新プログラムは例外です)。多くの問題が残っていますが、直近のバージョンでは修正されています。

貼り付けオプション貼り付け先のテーマを使用する

Office 2007以降:フォント サイズは既定のPowerPointテキスト スタイルによって決まります。弊社が把握している限りでは、また、Microsoftから受領した情報によると、PowerPointユーザー インターフェイスではこれにアクセスできません。ただし、VBAマクロを使用して、貼り付け先ファイルで既定のテキスト スタイルのあらゆるインデント レベルのフォント サイズを変更することができます。

Alt + F11でVBAエディターを開きます。ブックを選択し、[挿入] → [新しいモジュール] を選択します。その後、以下のマクロのいずれかを貼り付け、[マクロの実行] をクリックするか、F5を押して、これを実行します。

PowerPointの既定のテキスト スタイルのフォント サイズ(あらゆるインデント レベル)を表示するには以下の手順に従ってください。

Sub DisplayDefaultTextSize()
  Dim lvl As TextStyleLevel
  For Each lvl In ActivePresentation.SlideMaster.TextStyles(ppDefaultStyle).Levels
    Debug.Print lvl.Font.Size 
  Next
End Sub

PowerPointの既定のテキスト スタイルのフォント サイズ(あらゆるインデント レベル)を設定するには以下の手順に従ってください。

Sub AdjustDefaultTextSize()
  Dim lvl As TextStyleLevel
  For Each lvl In ActivePresentation.SlideMaster.TextStyles(ppDefaultStyle).Levels
    lvl.Font.Size = 14
  Next
End Sub