ナレッジベース KB0038

KB0038:アジアの言語に関する既知の問題

問題

PowerPointでは、アジアと西洋の文字フォントは別個に定義されており、双方ともPowerPointで適正に機能するように設定する必要があります。

既知の問題には以下のようなものがあります。

  • アジア言語のテキストを使用してプレゼンテーションでガント チャートを使用する場合、一部のフォントが一貫しない。
  • アジア言語のテキストを含むラベルに太字と通常の文字の双方が含まれる。

解決策

マスター スライドでアジアのテキスト フォントを定義します。これを行うには以下の手順に従ってください。

  1. PowerPointで [スライド マスター] を開きます:[ [表示] [マスター表示][スライドマスター]
  2. スライドマスターのトップレベルのスライドに進み、すべてのアイテムを選択します (たとえば、CTRL + Aを使用できます)。
  3. [新しいテーマのフォントを作成] ダイアログを開きます。
    PowerPoint 2007 & 2010:[ [テーマの編集][フォント][新しいテーマのフォントを作成]…
    PowerPoint 2013 & 2016:[ [背景][フォント][フォントのカスタマイズ]…
  4. このダイアログで、両方の [東アジアのテキスト] のフォント、[見出しのフォント (アジア)][本文のフォント (アジア)][保存] を選択します。
  5. [マスター表示を閉じる] をクリックします。

シェア

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。