わずか2 分でウォーターフォール図を作成する方法

think-cell — PowerPointの最も優れたアドインをお試しください:

think-cell — をお試しください
PowerPointアドイン

  • 多数の視覚的な注釈を使い、複雑なウォーターフォール図を作成できます
  • 作業時間を70%短縮できます
  • PowerPointに完全に統合されています
  • コンサルティング企業大手10社のうち8社で使用されています。
30日間。すべての機能。クレジットカードは不要。

think-cellはPowerPoint向けのナンバー1グラフ作成アドイン

自動ガントチャートで think-cellの自動ウォーターフォール図

PowerPointでウォーターフォールを作成するには時間がかかり、エラーも生じやすくなります。基本的な図形を小突き回すか、浮動セグメントに対応している隠れたデータ行を使用することになります。このため、データを変更すると、多くの計算と調整を手動で行う必要が出てきます。

think-cellでは、ウォーターフォールで正のデータ値は上向き、負の値は下向きに積み上げられます。これは積み上げセグメントでも自動的に機能します。セグメントはベースラインを横断し、任意のカテゴリーでセグメントに積み上げることができます –以前のセグメントだけではありません。

  • 縦棒・横棒ウォーターフォール図
  • ビルドダウン & ビルドアップ
  • 計算指向データ入力
  • Excelリンク
  • 縦棒と横棒の合計
  • セグメント ラベルの自動配置
  • 絶対値とパーセンテージ
  • 任意の数のコネクター
  • セグメントを横断するベースライン
  • 2種類の縦棒・横棒ブレーク
  • ベースラインのギャップとブレーク
  • 差異の矢印
  • 値ライン
  • 自動カテゴリー並べ替え

think-cellの対応: PowerPointの問題点はこれだけではありません

think-cellを使えば、すばらしいグラフを数分で作成することができ、スライドのレイアウトが向上するほか、定期的なレポートを自動化できます。これはすべて単一のPowerPointアドインで可能です。最もすばらしい機能のいくつかをご紹介します。

カレンダーに基づくガントチャート

Microsoft VisioまたはProjectからPowerPointにガントチャートをインポートしようとしたことはありますか? 経験があるなら、これがそれほどうまくいかないことはご存じでしょう。経験がない方はまだ基本的なボックスと線を使用してご自分で描画しようとなさるかもしれません。

think-cellはこのような手間を終わらせます。カレンダーに基づくガントチャートはPowerPointで直接作成、更新できます。1週間の勤務日を5日または7日に設定できる機能や、備考や責任ラベル、期間ブラケットなどを使うと、ガントチャートの作業時間を数時間ではなく数分に減らすことができます。

視覚的なデータ駆動型注釈

合計ラベル、パーセンテージ、平均、中断、差異矢印、またはCAGRのいずれかを問わず、– think-cellを使うと、多数の視覚的なデータ駆動型注釈を提供することでデータの裏にある詳細を示すことができます。

さらによいことに、すべての計算と配置は自動的に行われます。取得したデータは常に正しく、ラベルまたや矢印が重なることは決してありません。

複雑な分析用のメッコチャート

異なる競合他社と異なる製品カテゴリーの市場シェアを同時に表示したいですか? データの視覚化を二次元にしてはどうでしょう? このような場合はメッコチャート(マリメッコとも呼ばれます)がぴったりです。

think-cellのメッコチャートは二次元の100%グラフまたは積み上げグラフです。縦棒の幅は自動的に計算されるか、ユーザーが指定できます。値は大きさによって順序が決まり、小さい値は「その他」で非表示にすることもできます。

スマートテキストボックス

PowerPointでのスライド レイアウトに関しては、妥協が欠かせず満足できないことばかりです。柔軟性の低いPowerPointのテーブルを使用し、標準的なテキスト ボックスを組み合わせようとすれば、手作業で多大な調整が必要になります。また、PowerPointのSmartArtや自分のライブラリのテンプレートを使うと、すぐに限界に行きあたってしまいます。

think-cellのスマート テキスト ボックスを使えば、このように複雑なスライドをすばやく作成できます。テキストや他のエレメントを追加すると、スライド レイアウトが引き続き自動的に最適化されます。スナップや配置設定、エレメントの移動といった意味のある動作によってスマート グリッドが決まるので、図形を手動で配置したりサイズを変更したりする必要はありません。

柔軟なプロセスフロー

PowerPointでシンプルなプロセスチェーンを作成しようとしたことがありますか? 基本的な図形の配置に苦労していますか?おかしなSmartArtオブジェクトを組み合わせようとして、きちんと配列できず、何度か触っているうちにばらばらになっていませんか?

プロセス フローをご覧ください。これがあれば、シンプルなフローを数分で作成して変更できます。強力な汎用レイアウトエンジンに基づいているため、非常に柔軟性が高く、ペンタゴンやシェブロン、テキストボックスなどを使用するどのような概念的スライドでも作成できます。

自動データ視覚化

毎月、何時間もかけてレポートのグラフを更新していませんか? この時間を数分に短縮することができます!

think-cellのデータ リンクを使用すれば、プレゼンテーション内のあらゆるグラフをExcelにリンクし、手動または自動で更新できます。think-cellのプログラマティック インターフェイスではさらなるオートメーションが可能です。一度設定すれば、グラフテンプレートと指定されたデータからスライドのデッキ全体が作成されます。定期的なレポートはこの上なく容易になります。

縦棒グラフの画像からのデータ抽出

最近、WebサイトやPDFレポートでご自分のプレゼンテーションでも使用したいと思うようなグラフを見かけましたか? この場合はコピー & 貼り付けを使用すると、視覚的には十分な成果を得られますが、変更を加えることはできません。一方、グラフの基盤となっているデータを推測して再入力するのは時間がかかり、エラーも起きやすくなります。

think-cellを使うと、画面上の縦棒グラフの画像の上に透明なウィンドウをドラッグし、インポート ボタンを押すだけで、あとはこのソフトウェアが処理してくれます。データだけでなくカテゴリーのラベルも適正に抽出され、Excelシートに配置されます。ここまで来れば、あとは1回クリックするだけでPowerPoint上にthink-cellグラフができあがります。

800,000 17,000社の有料ユーザー 毎日、think-cellを活用

コンサルティング企業大手10社のうち8社
出典:vault.com

これらの企業のうち7社は弊社のソフトウェアをコンサルタント全員に提供しています。

米国の優良企業大手 100社 のうち 80 社
出典:Fortune 500

トップビジネススクール10校のうち9校
出典U.S. News & World Report

これらのビジネススクールはすべて、学生と教授全員に弊社のソフトウェアを提供しています。

その他のお客様の声

ウォーターフォール図の詳細

ウォーターフォール図とは?

ウォーターフォール図 — ブリッジ チャート、フライング ブリック チャートと呼ばれることもあります — は、異なる正の値や負の値(収入と経費など)がどのように合計(たとえば会社の利益)に影響しているのか図示するため、頻繁に使用されています。合計と中間値は通常、値のカテゴリー、時には時間に関連して配置されます。

典型的なウォーターフォール図では、左から右に計算が示されます。最初の値から始まり、チャートのベースライン上で縦棒として表示されます。そこから正の値は上、負の値は下に向かって伸びます。どちらも右側の最初の値に対する浮動縦棒として示され、ダッシュまたは点線で基準値につながれます。合計と中間値は、同じ値カテゴリーまたは時間に属するのであれば、積み上げることができます。頻繁に最終的な縦棒はその前の計算の合計を示し、その縦棒はグラフのベースラインに戻り、縦棒が階段状に並びます。詳細

ウォーターフォール図が便利な理由

McKinsey & Companyなどの経営コンサルティング企業の間で人気が高いウォーターフォール図は、業務用プレゼンテーションでよく使われます。全体像に対する重要な値カテゴリーの個々の影響に注意を引くことができるため、財務分析で非常に有用です。たとえば、特定の経費の値が、最上部のラインから収益の値を計算して得られた会社の業績にどのように影響しているのか確認できます。

ウォーターフォール図は、定量化できるものがあれば、ほぼどのような場合にでも利用できます。このような図は、販売会社の在庫計画や人事運営で役立ちます。研究関連では、ウォーターフォール図を使えば、たとえば、一定期間の社会の人口統計学的な変化や大気中のCO2レベルの推移を追跡できます。

PowerPointのウォーターフォール図でthink-cellを利用する理由

Microsoft PowerPointが、プレゼンテーション スライドの作成で最もよく使われているプログラムであることは間違いありません。しかし、納得のいくすばらしいウォーターフォール図をPowerPointで作成するのは容易ではありません。PowerPointでグラフを作成する際は通常、何度も手動でクリックとドラッグ動作を行わなくてはなりません。

think-cellPowerPoint向けのウォーターフォール アドインを開発したのはこのためです。このアドインを使えば、PowerPoint環境内でウォーターフォール図を自動的にわずか数分で作成し、直接、プレゼンテーション スライドに挿入できます。

ウォーターフォール図は、think-cellによってPowerPointに追加される40種類以上のダイアグラムとグラフのひとつに過ぎません。あらゆるチャートには広範な機能が備わっています。かつてないほど容易に短時間でグラフを作成できます!

think-cell を使えば、数分で魅力的なスライドを作成できます

今すぐ始めましょう!

シェア

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。