think-cell 5.1 launched

Berlin, May 14, 2009

5月14日、think-cellはMicrosoft PowerPointでグラフを作成するための旗艦製品の新しいバージョン5.1をリリースしました。新しいリリースはthink-cellパートナーシッププログラムに参加しているお客様全員に配布され、30日間のトライアルですべての機能を利用することもできます。

「think-cellのこの新しいリリースを発送するまでには少し時間がかかりました」とthink-cellのCEOを務めるマルクス・ハンバウアー(Markus Hannebauer)は話します。「新しい機能のリストを見れば、その理由は一目瞭然でしょう。think-cell 5.1には25以上の新しい機能が追加されており、その多くは本当に基本的なものです。–追加された機能には、自動更新用のプログラミングインターフェイス、散布図とバブルチャートにトレンドと仕切り線を追加する機能、折れ線グラフの日付に基づくX軸などが含まれます」

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。