ナレッジ ベース KB0084

think-cellのグラフを手動で編集すると、["変換"] または ["現在の形式のままで編集"] ダイアログが表示される

問題

PowerPoint 2007以降では、think-cellを非アクティブ化し、think-cellで作成したグラフを手動で編集しようとするとダイアログが表示されます。以下の画像は、PowerPoint 2013です。正確なテキストはPowerPointのバージョンによってわずかに異なります。

最新のPowerPointの機能を使用してグラフを編集するには、これを最新の形式に変換する必要があります。[ファイル] タブをクリックしてから [情報] タブで [変換] をクリックすると、すべてのグラフを変換できます。このグラフを変換しますか? 変換 / 現在の形式のままで編集 / キャンセル

PowerPoint 2007以降では、既定でExcelのグラフ作成エンジンを使用しているため、Microsoft GraphのグラフをExcelのグラフに変換できます。2003までのPowerPointの古いバージョンのグラフすべてと同様、ほとんどのthink-cellのグラフはMicrosoft Graphに基づいています。

解決策

上のダイアログで [現在の形式のままで編集] を選びます。Think-cellのグラフで [変換] を選択しないでください。必要ない再インポートが始まってしまいます。PowerPoint 2007以降では、上のダイアログを表示せず、古いバージョンのPowerPointの動作に戻るよう設定できます。

上のダイアログを無効にするには、レジストリに以下のキー(DWORD)を追加し、値を「1」に設定してください。

  • Office 2007:
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\MICROSOFT\OFFICE\12.0\Common\Charting\MSGraphEnable
  • Office 2010(32ビットおよび64ビット):
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\MICROSOFT\OFFICE\14.0\Common\Charting\MSGraphEnable
  • Office 2013(32ビットおよび64ビット):
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\MICROSOFT\OFFICE\15.0\Common\Charting\MSGraphEnable
  • Office 2016(32ビットおよび64ビット):
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\MICROSOFT\OFFICE\16.0\Common\Charting\MSGraphEnable

注:PowerPointでは、PowerPointに内蔵されている [グラフ] ボタンをクリックすると、Excelグラフの代わりにMicrosoft Graphのグラフも挿入できます。