会社概要

think-cellのミッション

think-cellは、Microsoft PowerPointのプロフェッショナルなプレゼンテーションの作成において、デファクトスタンダードになっています。無駄のない構造や優れた自動化と収益性により、think-cellは既存のソフトウェアの改善と新製品のイノベーションにすることができます。

think-cellでは、ニーズに対して専門的にカスタマイズされた製品が欲しいといったお客様の声に継続的に応えるため、コードの品質については一切妥協しません。think-cellのソフトウェア開発者はこの分野に熟達した専門家であり、彼らに最先端のアイデアやソリューションを創出するための環境を提供しており、ソフトウェアは準備が完全に整った段階でのみリリースしています。

経営陣

ケニー・ワイアット(Kenny Wyatt)
CEO

ケニー・ワイアットCEO

ケニーは、think-cell ソフトウェア新興企業からグローバル企業まで、テクノロジー分野での25年近い経験をもたらします。ハイパフォーマンスなチームの構築と拡大に情熱を傾け、さまざまなソフトウェアやテクノロジーのカテゴリーでこれを成功させてきました。テキサスAMケナンフラッグラーUNCのケナン-フラグラー・ビジネススクール A&M 大学でBBAを取得し、UNC Kenan-Flagler Business School(ノースカロライナ大学の.ケナン-フラグラー・ビジネススクール)でMBAを取得しました。

Arno Schödl, Ph.D.
創設者兼&CTO

アルノ・ショドル(Arno Schödl)、創設者兼CTO

Arnoは弊社のソフトウェア製品すべてのデザイン、アーキテクチャ、開発を担当しています。R&Dチーム、品質保証、カスタマーケアを監督しています。think-cellの創立前、アルノはMicrosoft ResearchとMcKinseyに勤務していました。アルノはコンピューターサイエンスと経営を専攻し、ジョージア工科大学からPh.D.を取得しています。(専門はコンピューターグラフィックス)

クリストフ・ホーボ(Christoph Hob)
CFO & COO

クリストフ・ホーボCFO兼COO

クリストフは、会社の商業および運営管理を担当しています。未公開企業および上場企業において長年のリーダーシップ経験を有し、財務、人事、運用を担当しています。エストリヒ=ヴィンケルのEUビジネススクールで経営学を学びました。

マルクス・ハンバウアー博士(Dr. Markus Hannebauer)
創設者& 会長

マルクス・ハンバウアー、創設者兼CEO

マルクスは、取締役会の観点からthink-cellの戦略的発展を監督し、さまざまなビジネス面において会社にアドバイスしています。マルクスはthink-cellの創立前、フラウンホーファでプロジェクト マネージャーを務めていました。マルクスはコンピューターサイエンスとビジネスを専攻し、ベルリン工科大学で博士号を取得しています(専門は人工知能)。

沿革

think-cellの沿革をご紹介します。

2001年

問題の特定

ジョージア工科大学のコンピューターグラフィックスで博士課程に在籍している間、Arno・SchödlはMicrosoft ResearchとMcKinseyで働いた経験があります。そこで彼はソフトウェアエンジニアとして、および専門ユーザーとして、2つの視点から、スライド作成の問題に直面しました。

2001年9月

学友との再会

Arnoは、Fraunhoferで人工知能の研究者となっていた元級友のMarkus・Hannebauerに連絡を取り、スライド作成をより効率化するために共同で研究しようと考えました。

2002年4月

会社創設

数週間のうちに、Markusは最初の製品の開発費をまかなうために、民間や公的機関から資金を調達し、think-cellが誕生しました。

2002年に受賞

think-cellは、Deutscher Sparkassen- und Giroverband、McKinsey、Stern、ZDFから2002年ベルリン起業賞を受賞しました。

2003年7月

ドイツで最初の顧客を獲得

think-cellは、すばやくグラフ作成パッケージを開発し、戦略コンサルティング企業大手のドイツ支社が最初の顧客となり、現在でも重要なメンターとして活躍いただいています。

2005年初頭

グローバル展開

2004年は順調に収益が伸びましたが、本当のブレイクスルーが来たのは2005年でした。複数のコンサルティング会社が顧客になり、グローバル展開が始まりました。また、そのクライアント企業が自社のコンサルタントからベストプラクティスを学び、より多くのライセンスを注文するといった好循環をもたらしました。

2005年11月

think-cell 4 をリリース

2006年2月

有料ユーザーが1万5,000人を突破

2006年6月

think-cell 4.2 をリリース

2006年9月

有料ユーザーが2万人を突破

2007年3月

think-cell 4.3 をリリース

2007年6月

有料ユーザーが3万人を突破

2007年10月

think-cell 5.0 をリリース

デロイトライジングスター

マーケティング活動をほとんど行っていないにもかかわらず、think-cellのソフトウェアのメリットに関する情報が口コミで広がりました。デロイトによると、think-cellはドイツで最も成長の速いソフトウェア企業の1つとなり、ライジングスター賞で1位を獲得しました。

2008年4月

有料ユーザーが5万人を突破

2009年5月

think-cell 5.1 をリリース

2009年10月

デロイトFast 50

5年間の収益は3,154%増に達し、think-cellは成長企業のランキング、デロイトテクノロジーFast 50ドイツで4位になりました。

2010年4月

有料ユーザーが10万人を突破

2011年1月

think-cell 5.2 をリリース

2012年4月

有料ユーザーが20万人を突破

think-cell 10周年

2012年12月

think-cell 5.3 をリリース

2013年2月

think-cell、C++ ISO委員会に参加

think-cellが推奨するプログラミング言語の標準化への資金提供と参加を開始しました。

2013年12月

think-cell 6 をリリース

2014年3月

有料ユーザーが30万人を突破

2014年9月

Meeting C++

ヨーロッパ最大のC++カンファレンス、Meeting C++の主要スポンサーになり、無償で50人の学生を招待しました。

2015年8月

有料ユーザーが40万人を突破

2016年1月

think-cell 7 をリリース

2016年8月

think-cell 8 をリリース

2016年10月

有料ユーザーが50万人を突破

2017年12月

有料ユーザーが60万人を突破

標準C++財団

世界最大の非営利C++コミュニティ、標準C++財団–のスポンサーになりました。

2018年6月

think-cell 9 をリリース

2019年2月

有料ユーザー数70万人以上

2019年5月

think-cell 10をリリース(macOSをサポート)

2019年10月

有料ユーザー数75万人を突破

2020年9月

有料ユーザー数80万人を突破

2020年12月

think-cell 11をリリース(強力な統合をサポート)

2021年5月

有料ユーザー数85万人を突破

2021年11月

有料ユーザー数90万人を突破

2022年3月

有料ユーザーが95万人を突破

経営陣

ケニー・ワイアット(Kenny Wyatt)
CEO

ケニー・ワイアットCEO

ケニーは、think-cell ソフトウェア新興企業からグローバル企業まで、テクノロジー分野での25年近い経験をもたらします。ハイパフォーマンスなチームの構築と拡大に情熱を傾け、さまざまなソフトウェアやテクノロジーのカテゴリーでこれを成功させてきました。テキサスAMケナンフラッグラーUNCのケナン-フラグラー・ビジネススクール A&M 大学でBBAを取得し、UNC Kenan-Flagler Business School(ノースカロライナ大学の.ケナン-フラグラー・ビジネススクール)でMBAを取得しました。

Arno Schödl, Ph.D.
創設者兼&CTO

アルノ・ショドル(Arno Schödl)、創設者兼CTO

Arnoは弊社のソフトウェア製品すべてのデザイン、アーキテクチャ、開発を担当しています。R&Dチーム、品質保証、カスタマーケアを監督しています。think-cellの創立前、アルノはMicrosoft ResearchとMcKinseyに勤務していました。アルノはコンピューターサイエンスと経営を専攻し、ジョージア工科大学からPh.D.を取得しています。(専門はコンピューターグラフィックス)

クリストフ・ホーボ(Christoph Hob)
CFO & COO

クリストフ・ホーボCFO兼COO

クリストフは、会社の商業および運営管理を担当しています。未公開企業および上場企業において長年のリーダーシップ経験を有し、財務、人事、運用を担当しています。エストリヒ=ヴィンケルのEUビジネススクールで経営学を学びました。

マルクス・ハンバウアー博士(Dr. Markus Hannebauer)
創設者& 会長

マルクス・ハンバウアー、創設者兼CEO

マルクスは、取締役会の観点からthink-cellの戦略的発展を監督し、さまざまなビジネス面において会社にアドバイスしています。マルクスはthink-cellの創立前、フラウンホーファでプロジェクト マネージャーを務めていました。マルクスはコンピューターサイエンスとビジネスを専攻し、ベルリン工科大学で博士号を取得しています(専門は人工知能)。

シェア