ナレッジ ベース KB0150

think-cellのラベルを修正するとラベルの内容が失われる

問題

ハイフンやダブルハイフンを含むthink-cellのラベル、または引用符で終わるthink-cellのラベルを編集し、スペースや改行を挿入すると、このエラーが発生します。以下のエラー メッセージが表示されます。

PowerPoint 2007のエラー メッセージ
  • PowerPoint 2007では、テキスト ボックスが消えます。
  • PowerPoint 2010では、ラベルのテキストが消えます。ラベルにハイフンが含まれている場合は、ダッシュ(―)に置き換えられます。
  • PowerPoint 2013では、引用符に文字を追加した場合にのみラベルのテキストが消えます。

Microsoftはどちらの問題もPowerPoint 2016で修正しました。

この問題はPowerPointのバグが原因です。Microsoftはこのバグを認識しています。貴社にMicrosoft Officeサポートの連絡先があり、この問題についてMicrosoftに連絡して修正プログラムを要請なさりたい場合は、Microsoftケース番号OffBug #72905を使用してください。

解決策

以下のオートコレクト機能を非アクティブ化してください。

  1. PowerPointのオプションを開きます。
    PowerPoint 2007:Officeボタン Officeボタン → [PowerPointオプション]
    PowerPoint 2010/2013:[ ファイル] → [オプション]

  2. [文章校正] → [オートコレクトのオプション…] → [入力オートフォーマット] → [入力中に自動で変更する項目]
    PowerPoint 2007/2010:[ハイフン (--) をダッシュ (―)に変更する] からチェックを外します
    PowerPoint 2007/2010/2013:["左右の区別がない引用符" を “区別がある引用符” に変更する] からチェックを外します

説明

PowerPointのオートコレクト機能は、いわゆるテキスト フィールドに含まれているダッシュや引用符を誤って置き換えようとします。think-cellはこのようなフィールドを使用して、ExcelからPowerPointにデータを移します。think-cellを使わなくてもこのエラーは再現できます。

think-cellなしで再現:

  1. 短い日付・時刻形式が「yyyy--MM--dd」または「h:mm tt "PM"」になるように地域的な設定を変更した後:
    [コントロール パネル] → [地域と言語] → [形式] → [追加の設定]と進みます。

    • 日付の形式:
      [日付] → [日付の形式] → [短い形式] を選択し、「yyyy--MM--dd」と入力します(ハイフンが2つ「--」あることを確認してください)
      または
    • 時刻の形式:
      [時刻] → [時刻の形式] → [午前の記号] で「AM」を選択 → [午後の記号] で「PM」を選択

    [OK] → [OK] で確定します。

  2. PowerPointのオプションを開きます。
    PowerPoint 2007:OfficeボタンOfficeボタン → [PowerPointオプション]
    PowerPoint 2010/2013:[ ファイル] → [オプション]

  3. [文章校正] → [オートコレクトのオプション…] → [入力オートフォーマット] → [入力中に自動で変更する項目] と進み、[ハイフン (--) をダッシュ (―) に変更する] または ["左右の区別がない引用符" を “区別がある引用符” に変更する] がチェックされていることを確認します

  4. [挿入] → [テキスト] → [ヘッダーとフッター] をクリックし、[日付と時刻]、[自動更新]、短い日付の形式(たとえば、2011--01--01または5:00 "PM")を選択してから [適用] をクリックします。

  5. フッターのテキスト ボックスの日付の右側にカーソルを動かし、スペースを押します。

フッターのテキスト ボックスのテキストが消え、フッターのテキスト ボックスを編集または移動できなくなります。