ナレッジ ベース KB0113

think-cellで作成された電子メールをOutlookで送信できない

問題

以下のthink-cellダイアログのいずれかで作成した最初の電子メールがMicrosoft Outlook Outboxにスタックします。

  • 特定のスライドを送信
  • サポートを要求
  • エラー報告

この動作は頻繁に様々なOutlookアドイン(Microsoft CRMアドインなど)やウイルス対策ソフトウェア(メール スキャン オプションが有効になっているもの)が原因で発生します。

この電子メールの属性フィールドはすべて初期化前の状態に戻されており、[送信済み] フィールドは [なし] に設定されています。上記のダイアログで作成されたその後の電子メールは、"スタック"した最初の電子メールが送信トレイから削除されない限り、正常に送信されます。電子メールは送信トレイから出る前に各ソフトウェアによって開かれ、ステータスが「既読」に代わり、送信される電子メールのキューから取り除かれます。

解決策

  • 問題のあるOutlookアドインを無効にします。
  • ウイルス対策ソフトウェアで発信電子メールのスキャンを非アクティブ化します。
  • また、Exchangeキャッシュ モードをオフにすることもできます。Outlookメニューで以下を行ってください。
    1. [ツール] → [オプション…] を開きます
    2. [メール セットアップ] タブを選択します
    3. [データ ファイル…] ボタンを押します
    4. 電子メールを送信するために使用しているアカウントの [設定…] をクリックします
    5. [詳細] を選択します
    6. [Exchangeキャッシュ モードを使用] からチェックを外します