Company news

think-cell 9のリリース
ベルリン、2018年6月11日

本日、弊社はMicrosoft PowerPoint向けの旗艦プレゼンテーションソフトウェアの新しいバージョン9を発売しました。新しい機能と改善された機能が満載です。詳細はここからご覧ください。

think-cell sponsors the Standard C++ Foundation
Berlin/Redmond, December 15, 2017

think-cellは本日、標準C++財団の公式スポンサーになったことを発表しました。標準C++財団は、プログラミング言語C++の国際標準を促進しています。このような標準は、合意に基づくアプローチを使い、国際的な技術専門家の委員会によって決められ、国際的なC++ディベロッパー コミュニティが自らのために策定するものです。このコミュニティの貴重なリソースとして、同財団はあらゆるディベロッパーがモダンな標準C++に関する正確な情報と、質の高いC++ライブラリの双方を利用できるようにしています。独立した非政府・非営利組織である同財団は、活動資金の入手先としてthink-cellのようなスポンサーに依存しています。

標準化プロセスにおけるthink-cellの投資は資金面にとどまりません – think-cellコードの一部は直接、国際標準に取り込まれます。

標準C++財団のスポンサーになり、複雑なC++コードでMicrosoftコンパイラー チームに挑んでいただいたthink-cellに感謝します。

Herb Sutter、標準C++財団会長

think-cellソフトウェアはすべて、創立当初からC++で書かれています。「C++プログラミング言語は非常にエレガントな言語なので、私たちは魅了されています。他の言語よりも効率よく作業できる言語なのです。」と、think-cellのCTOを務めるアルノ・ショドル(Arno Schödl)は話します。think-cellでは長年にわたり、C++の開発と標準化に積極的に参加することを優先してきました。

2013年以降、think-cellドイツ標準化機関(DIN)のプログラミング言語作業グループを財政面で支援し、参加してきました。このサポートにより、DIN作業グループは2012年の財政危機を乗り越え、標準化活動を継続するだけでなく、活動範囲を広げています。現在、DIN作業グループは投票権のあるISO/IEC C++メンバーで、国際的なC++標準化におけるドイツの継続的な関与も確保しています。

他の国際的なソフトウェア大手とともに標準C++財団のスポンサーになることで、think-cellはC++開発への参加を国際的なレベルに広げています。think-cellでは、世界中のC++ディベロッパーが最良のリソースを利用できるようにするという同財団の目標を支援できることを楽しみにしています。

‬think-cell‭‬は現在、1万2000社以上で60万人を超えるプロに使用されています‭
ベルリン、2017年12月1日

現在、think-cellの顧客ベースは5大陸すべてで1万2000社以上に拡大しました。これらの企業で60万人を超えるプロが弊社の製品を毎日活用し、データに基づく複雑なプレゼンテーションをExcelデータから作成しています。

その他のニュースと報道

12月1日
8,500社以上で42万5,000人を超えるプロがthink-cellを使用 
11月29日
think-cell、新しいWebサイトを始動
9月17日
heise onlinethink-cell schreibt 50 Konferenzstipendien für Meeting C++ 2015 aus
think-cellがミーティングC++ 2015で50人の学生に無料チケットを提供したことに関する、ドイツの主要ITニュースソースの短い記事。
8月1日
8,000社以上で40万人を超えるプロがthink-cellを使用 
4月1日
7,500社以上で37万5,000人を超えるプロがthink-cellを使用 
11月10日
3,750社以上で17万5,000人を超えるプロがthink-cellを使用 
9月14日
think-cell、ベルリンのHeinrich Hertz Schoolの50周年を支援
4月19日
3,000社以上で15万人を超えるプロがthink-cellを使用 
4月15日
Zuses EnkelMarkus Hannebauerのインタビュー
ベルリンのITイノベーターに関するこのシリーズ記事では、think-cellのCEOにお話しを伺った短いインタビュー記事が特集されています。
1月26日
think-cell 5.2のリリース
12月22日
IndezineMarkus Hannebauerとの対話
Indezineの創設者、Geetesh Bajajとの短いながらも興味深い対話で、Markusはthink-cellの沿革と製品について話しました。Indezineは、PowerPointのテクニック、チュートリアル、レビュー、インタビューに関する人気の高いWebサイトです。隔週でPowerPoint ezineも発行されています。
11月16日
BusinessWeekHip Berlin Goes Corporate(粋なベルリンに企業が注目)
「[...] Markus Hannebauerは2001年、ベルリンに戻ることに決め、今ではその恩恵を享受しています。PowerPointプレゼンテーションの作成に役立つソフトウェアを開発しているthink-cellを創設した際には米国に行くことも考えました。しかし、ベルリンからの少額の助成金をもらえることになり、ここに留まることにしました。現在では、彼の会社は1,000万ドルを上回る売上を出しています。「ベルリンは他の都市とは比べものにはならない」と言います。[...]」
11月14日
新しいthink-cellのWebサイト始動
10月27日
1,800社以上で9万人を超えるプロがthink-cellを使用 
10月23日
Der TagesspiegelSieben Berliner wachsen besonders schnell. Deloitte zeichnet Top 50 der Technologiebranche aus.
"Sieben Berliner Firmen zählen zu den 50 am schnellsten wachsenden deutschen Unternehmen in den Bereichen Technologie, Kommunikation und Life Science. [...] Auf Platz vier rangiert das beste Berliner Unternehmen, die Think-Cell Software GmbH (3154 Prozent). Mit der Präsentationssoftware der Berliner können professionelle Power-Point-Anwender betriebswirtschaftliche Daten effizient darstellen. [...]"
10月21日
think-cell、3154%の成長率でデロイトテクノロジーFast50の第4位
5月14日
think-cell 5.1のリリース
12月18日
1,300社以上で7万人を超えるプロがthink-cellを使用 
10月22日
think-cell、デロイトテクノロジーFast50ライジング スターに再び選出
4月7日
900社以上で5万人を超えるプロがthink-cellを使用 
1月
Fraunhofer MagazinPräsentationen leicht gemacht
"Egal, ob es sich um die Geschäftszahlen vom vergangenen Jahr handelt oder das Budget des nächsten Jahres vorgestellt werden muss–Präsentationen gehören im Management zum Alltag. In nahezu jeder Besprechung unterstützen Folien die Ausführungen des Vortragenden. "think-cell entwickelt Produkte, die den kompletten PowerPoint-Prozess unterstützen und mit denen man einfach schneller zu ansprechenden Präsentationen kommt", sagt Dr. Markus Hannebauer, der zusammen mit Dr. Arno Schödl das Berliner Unternehmen führt. [...]"
11月30日
750社以上で4万人を超えるプロがthink-cellを使用
11月2日
Berliner Morgenpost – Technologiefirmen wachsen am schnellsten
"Elf der 50 dynamischsten Unternehmen kommen aus der Hauptstadt. Ein Anzeichen für den Strukturwandel."
10月16日
think-cellグラフ5.0のリリース
10月12日
Der TagesspiegelElf Berliner gehören zu den schnellsten
"Elf Berliner Unternehmen aus den Bereichen Informationstechnik, Kommunikation und Gesundheit gehören laut einer Rangliste der Prüfungs- und Beratungsgesellschaft Deloitte zu den 50 wachstumsstärksten Technologieunternehmen in Deutschland. [...] Ein weiteres Unternehmen aus der Hauptstadt, Think-Cell Software, wurde mit dem "Rising Star" prämiert."
10月11日
manager-magazin.deHightech-Ranking Deutschlands Topfirmen
"Zum sechsten Mal in Folge hat die Prüfungsgesellschaft Deloitte die 50 am schnellsten wachsenden Technologieunternehmen Deutschlands ausgezeichnet. manager-magazin.de präsentiert die Gewinner."
Computerwoche.deDeloitte Fast 50: Die Gewinner sind ...
"Die Unternehmensberatung Deloitte hat gestern die Gewinner des deutschen Wettbewerbs "Fast 50" prämiert, womit die am schnellsten wachsenden Technologieunternehmen gemeint sind. [...] Ausgezeichnet als "Rising Star" –diese Unternehmen erfüllen seit Gründung drei Jahre lang vergleichbare Kriterien des Technology Fast 50 – sind Think-cell, XING und Brainloop."
think-cellはドイツで最も成長の速いテクノロジー新興企業
7月20日
think-cell、中欧のトップ コンサルティング企業5社のうち4社にサービスを提供
6月30日
600社以上で3万人を超えるプロがthink-cellを使用 
3月28日
think-cellグラフ4.3のリリース
3月15日
500社以上で2万5,000人を超えるプロがthink-cellを使用 
11月17日
think-cellグラフ4のリリース
11月
Microsoft Office PowerPoint 2003 – Das Handbuch, 2nd Edition, Microsoft Press, 2005
think-cellグラフはドイツでベストセラーになっているPowerPoint本 「PowerPoint 2003ハンドブック(Microsoft Press)」のこのエディションに登場しています。ウォーターフォール図に関するセクションで、著者は「…ウォーターフォール図は積み上げ縦棒グラフを使用すると、やや容易に作成できる。ここでは下部が非表示になる。グラフ作成ソフトウェアのthink-cellグラフを使用すれば、より簡単にすばやく作成できる。...これを使うと、洗練されたグラフのタイプを [...] まばたきする間に作成できる。」 その後、数ページにわたってthink-cellグラフで複雑なウォーターフォール図を構築する方法が説明されています。
別のセクションでは、著者はPowerPointでのガントチャートに関する事例を紹介しています。「Microsoft ProjectとMicrosoft Visioを使うと、ガントチャートは容易に作成できるが、これをインポートしてPowerPointで変更するのは手間がかかり、最適なグラフィックにならない。think-cellチャートを使用すると、PowerPointで直接、ガントチャートを容易にすばやく作成して変更できる。」
9月19日
think-cell、MITエンタープライズフォーラム ニューヨークシティのスポンサーに 
8月22日
Sebastian Theophil、スマートグラフィックス05で講演
7月23日
think-cell、第8回ミュンヘンコンサルタントカップを後援
3月1日
若いコンサルタント、グラフ作成に新たなアプローチを適用
12月28日
think-cell、Microsoft認定パートナーになる
10月15日
think-cell、オンライン セミナー ルームを開設
8月
Edward Osbornのemergence Webログ
emergence associatesのプレゼンテーション専門家、Edward Osbornがemergence Webログのエントリーでthink-cellグラフをレビューしました。「Think-Cell Chart Boosts PowerPoint's Charting Capabilities(think-cellグラフ、PowerPointのグラフ作成能力を増進)」というタイトルで、Osbornは「think-cellグラフを使用すればPowerPointをさらに活用し、グラフ作成能力を拡張して、時間のかかる多くの書式設定タスクを迅速化できる。特にコンサルタントやアナリストは数々の機能の恩恵を受けられるのだが、PowerPointでデータ グラフを多数作成する必要のある人であれば、非常に有用だと思うだろう」と述べています。
8月1日
think-cell、北米で一連のロードショーを開始
5月/6月
Consulting MagazineThe Undeclared War Against "PowerPoints"(宣戦布告のない「PowerPoints」との戦い)
コンサルティング企業大手でのPowerPointとその使用に関する洞察に満ちたConsulting Magazine –業界の主要雑誌– の記事でthink-cellソフトウェアが紹介されました。「特にグラフの分野でPowerPointのギャップを埋めるには、think-cellソフトウェアが非常に役立つ」とMercer Management Consultingのプロダクションマネージャー、Karen Mazurが述べていると記載されていました。
4月9日
think-cell、新しいWebサイトを始動
2月2日
think-cell、ニューヨークに米国営業窓口を開設
1月
テクノロジーコーチングセンターレポート
このドイツ語の記事には、think-cellの全般的な説明、その製品、特にベルリンで成功したIT新興企業としての沿革が掲載されています。
12月
Presentation Directions – The Problem(s) with PPT Charts(PPTグラフの問題点)
このAccent Technologiesのニュースレターの記事は、PowerPointグラフの様々な問題点を分析しています。そして、専門ソフトウェアの中でも、コンサルティング企業のプレゼンテーションやITソリューションプロバイダーの新しいビジネスの売り込みといった複数の分野で価値の高いカスタマイズされたプレゼンテーションを作成するには最適なソリューションとしてthink-cellグラフを挙げています。
11月7日
think-cellのR&Dパートナー、フラウンホーファFIRST、20周年を祝う
7月27日
think-cell、SIGGRAPH 2003で論文を発表
6月26日
think-cell、コンサルティング企業のグラフ作成に関する研究を発表
6月17日
VDI NachrichtenGründerfragebogen
think-cellのCEOマルクス・ハンバウアー(Markus Hannebauer)からウィットに富んだお話を伺った短いインタビュー記事がエンジニアリングに関する週刊新聞『VDI Nachrichten』に掲載されました。
5月5日
think-cell、Webナレッジ管理に関する新しい本を出版
3月15日
Wolfgang Clement、CeBIT 2003でthink-cellを訪問
3月12日
think-cell、CeBIT 2003に参加
11月1日
think-cell、コンピューターシステムの自己組織に関する本を出版
7月21日
think-cell、テキサス州サンアントニオでSIGGRAPHに参加
6月
parTU
"Die drei besten Unternehmenskonzepte der Berliner Teilnehmer von Start-Up-Classic 2002 wurden im April mit insgesamt 50 000 EUR von der Berliner Sparkasse prämiert. Den ersten Platz konnte diesmal die Softwarefirma think-cell belegen. Der TU-Absolvent Dr. Markus Hannebauer ist der Managing Director des Teams, das das Erstellen von Präsentationsfolien mit ihrem Produkt "presenter" so schnell machen will wie das bloße Skizzieren auf einem Notizblock."
6月30日
think-cellはドイツで最も有望なビジネスコンセプト10件のひとつを所有
6月25日
think-cell、TU新興企業カンファレンスでリクルート活動
6月24日
think-cell、新しいオフィスを開設
6月21日
think-cell、HPIインフォメーションデーでリクルート活動
4月27日
Berliner ZeitungDie Turbo-Denker
ベルリンの新しいシティ センター、Potsdamer Platzが2002年ベルリンStartUp賞の会場に ベルリンの「商業評議員」Gregor Gysiがベストビジネスコンセプト賞をthink-cellに授与しました。ベルリンの主要紙のこの記事ではthink-cellを紹介しています。
4月26日
think-cell、2002年ベルリンStartUpコンペで優勝