think-cell supports the Berlin Swimming Team at Paralympics 2012

Berlin/London, July 11, 2012

「4月にNiels Grunenbergからベルリン水泳チームを支援するよう頼まれたとき、まったく迷いはありませんでした。学生時代からの友人であるニールス(Niels)は、今では非常に活躍している水泳選手です」と、think-cellのCTOを務めるアルノ・ショドル(Arno Schödl)は話します。「もちろん、パラリンピックの水泳競技は個人のパフォーマンスとスピードに焦点が当てられますが、チームスピリットも重要です–これはthink-cellの原動力ともなっている組み合わせです。ロンドンではNielsと彼のチームを全力で応援します!」

ベルリン水泳チームの概要

2008年に創設されて以来、ベルリン水泳チームはあっという間にドイツのパラリンピックスポーツでトップチームのひとつになりました。ベルリンは多数のアスリートにとって最良のトレーニング施設が整っているだけでなく、若く経験の少ない競泳選手をベテランに引き合わせることができる場所でもあります。2009年以降、ベルリン水泳チームはドイツパラリンピック委員会の全国水泳チームの3分の1以上の選手を輩出しており、ベルリンは競技会で存在感を放っています。

think-cellの概要

think-cellは2002年にベルリンで設立され、現在はプロのPowerPointユーザー向けに生産性の高いソフトウェアを提供する大手ベンダーです。弊社のソフトウェアは、–解析とビジネスデータの準備から定量的・定性的な結果のグラフィックなレンダリングにいたるまで完全なプレゼンテーション作成プロセスに対応しています。think-cellの顧客には、ほとんどの国際的なビジネスコンサルティング企業や多数の有名な世界的企業大手が含まれます。