think-cellグラフ4.2のリリース

6月30日、think-cellはMicrosoft PowerPointでグラフを作成するための旗艦製品の新しいバージョン4.2think-cellグラフ – をリリースしました。新しいリリースはthink-cellパートナーシッププログラムに参加しているお客様全員に配布され、30日間のトライアルですべての機能を利用することもできます。

「バージョン4.0までは、マリメッコやウォーターフォール、ガント チャートなどPowerPointでサポートされていない非標準タイプのグラフに焦点を当てていました。think-cellグラフ4.2では、折れ線グラフ、面グラフ、散布図、バブル チャートを追加して標準的なグラフをすべて含めました。このようなグラフの作成と変更にも多大な時間がかかることがわかっていたからです」 と、think-cellの CTOのArno Schödlは説明します。「散布図とバブル チャートの自動ラベリング機能は研究の成果であり、業界内でも一線を画しています。」

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア