ミーティングC++オンライン

2021 年 9 月 16 日

新しいイベント シーズンは、Meeting C ++ オンライン ミートアップで始まりました。そこでは、当社の上級ソフトウェア開発者である Sebastian T. が「Windows。macOS、Web: クロスプラットフォーム開発から得た教訓」を説明しました。この講演では、いずれかのオペレーティングシステムの制限によって共通のセマンティクスを定義することが難しかったクロスプラットフォームの問題領域に的を絞り、think-cell が実装した C++ 抽象化の概要について説明しました。

Meeting C++ は、ベルリンの Meeting C++ カンファレンスの主催者である Jens Weller が運営するオンライン C++ ユーザー グループです。料金や特別な登録なしで、幅広い聴衆に当社の講演を発表する機会が得られたことを非常に光栄に感じていおります。

当社では、コミュニティ向け講演への招待をお待ちしております。今後のイベントを楽しみにおります。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellの求人情報think-cellでのワーク ライフ バランスthink-cellでの

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア