C++ Now

2021年5月4日~6日

北米でのミートアップに続き、C++ Now カンファレンス向けに次の 3 つの講演が選択されました:

  • 創設者兼CTOのArno Schoedlが提示したC++ Rvalueの生涯にわたる災害
  • Windows、macOS、およびWeb:シニアソフトウェア開発者のセバスチャン T.による「think-cellでのクロスプラットフォーム開発から得た教訓」。
  • Better C++ Ranges(より優れたC++ Range(範囲)) ― 講演者:Arno Schoedl(CTO)

今年の C++ Now は、5 日間にわたって同時進行で 3 トラックの講演が行われ、オンラインで 200 名以上が参加されました。

ご注意:C++に関する質問の答えを聞きたい方は、CppConにご参加ください。答えを見つける過程に参加したい方は、C++Nowにご参加ください。© Jon Kalb Conference Chair CppCon, Conference Chair C++Now

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellの求人情報think-cellでのワーク ライフ バランスthink-cellでの

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Julia Zhachuk)

シェア