2019年秋 C++ コアハード会議

イベントの内容

11月下旬に、当社のCTOの Arno Schödlはミンスクを訪れ、毎年の「C++ CoreHardカンファレンス」に参加しました。そこで彼は、ベラルーシの100人以上のC++愛好家に向けて、新たに2019年「The C++ rvalueの生涯災害」と題した講演を行いました。

講演では、Arnoは「この論文」のダイジェストバージョンとして、以下を加えてプレゼンテーションを行いました。それは、特に範囲関連の例、問題を軽減するためにコード内で使用するライブラリのみのマクロトリック、そしてドイツのISOグループメンバーから受けたフィードバックを含むデザイン スペースの徹底的な開発の3点です。

今年のカンファレンスには、8か国から約280人の参加者と講演者がいました。ホストしていただきありがとうございます。またお会いできるのを楽しみにしています!

100人以上の開発者がArnoの講演を待っています

100人以上の開発者がArnoの講演を待っています

Arnoによる「C++ rvalue の生涯災害」の講演

ArnoによるC++ rvalue の生涯災害の講演

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。