think-cellでのC++ミートアップ

2109年11月13日

Meeting C++ 2019 の前夜、C++ ミートアップの 70 人の愛好家がベルリン中心部に位置するオフィスに招待されました。

Meeting C++ カンファレンスの講演者でもあるジョナサン・ボッカラ(Jonathan Boccara)が自身のパイプライブラリを紹介しました。「パイプは、コレクションに取り組んでいる際に読みやすいコードを書くための小さなコンポーネントです。パイプは繋ぎ合わせることで、ソースからデータを受け取り、そのデータに対して演算処理を行い、結果を行き先に送信するパイプラインになります」

その後、think-cellののCTO、アルノ・ショドル(Arno Schödl)が、C++ rvalueの生涯災害について講演を行いました。この講演では、Arno は問題について詳細に説明し、問題を軽減するためのライブラリのみのアプローチを発表し、最後に、正常な状態にする方法に関する決して標準にならない提案を行いました。

ビールと 15 メートルのピザを食べながら、地元の C++ コミュニティと交流し、言語の問題と機会について話し合いました。またお会いできるのを楽しみにしています。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellの求人情報think-cellでのワーク ライフ バランスthink-cellでの

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)

シェア

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。