C++ミーティング(ベルリン)

イベントの内容

ミーティングC++会議を後援することは、think-cellの毎年の大切な伝統になっています。今年はゴールドスポンサーとして5回目の参加となり、前年度の参加者の多くが当社の明るいグリーンのラウンジを覚えていてくれました。会議には666人が登録し、出席者数は驚異的でした。私たちは、ベテランの出席者だけでなく、今年度新人の方々も同様に快適なソファーで共にくつろぎ、グリーンのキャンディを介してC ++のホットな話題を話し合うことを歓迎しました。

会議の2日目には、当社CTOのArnoSchödlが、50人を超えるC ++プロフェッショナルを前に、「将来の範囲ベースの標準ライブラリのためのテキストフォーマット」と題する講演を行いました。ディスカッションの中で、Arnoは、Unicodeコードポイントの代わりに文字に対して範囲の繰り返しが提案されていることを説明しました。これは実際の使用事例すべてにおいて実行可能なだけでなく、より簡単なことが判明しています。私たちは、一般的な文字列連結使用事例における割り当て超過メモリ対正確な割り当てのパターンについて、また、将来のコンパイル時のC ++機能が提案に及ぼす影響について議論しました。標準的な提案について尋ねられたArno は、github上で公開されている範囲ライブラリに言及し、他の人たちに提案として当社のアイデアを取り上げるよう呼びかけました。現在、当社はそれを積極的に推進するつもりはないためです。

今回の会議の成功には、Jens Weller とチームに深く感謝いたします。来年またお会いしましょう!

ゴールドスポンサーとしての5回目の参加

ゴールドスポンサーとしての5回目の参加

グリーンのキャンディを介してC ++のホットな話題を話し合う

グリーンのキャンディを介してC ++のホットな話題を話し合う

競合他社も興味を持つその瞬間

競合他社も興味を持つその瞬間

将来の範囲ベースの標準ライブラリ用テキスト形式

将来の範囲ベースの標準ライブラリ用テキスト形式

講演後のさらなる議論

講演後の「さらなる議論」

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)