CppCon(米国ワシントン州ベルビュー)

イベントの内容

9月下旬、当社CTO、アルノ・ショドル(Arno Schödl)はCppConに参加するため、米国ワシントン州にある美しい街並みが広がる都市ベルビューを訪れました。このイベントには世界中から1,200名を超えるC++プログラマーが参加しました。think-cellがブロンズスポンサーとしてこのカンファレンスイベントに参加するのは今回が初となりました。配布されたカンファレンスバッグには、think-cellのロゴが入ったモバイルバッテリーが入っており、参加者の皆様にとても喜んでいただけました。

カンファレンスでアルノは、「将来のレンジベースの標準ライブラリ向けテキスト書式設定」という新しい講演を初めて発表しました。レンジにメタプログラミングを少し組み合わせればテキスト書式設定の問題に対する優れた解決策になるというアルノの見解に多くの参加者が納得していました。参加者の大半が上級レベルのプログラマーで、多くの質問が出され、アルノはすべての質問に的確に回答していました。

CppConは当社にとって素晴らしい経験となったため、来年も参加したいと考えています!またイベントページにアクセスし、世界中で今後開催が予定されているイベントをご確認ください。

イベント会場でお会いできることを楽しみにしています

米国ワシントン州の美しい街並みが広がる都市ベルビュー

米国ワシントン州の美しい街並みが広がる都市ベルビュー

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)