コンタクトパーティー(ETHチューリッヒ)

2018年3月3日

3月3日、私たちは6年連続してETHチューリッヒで年次コンタクトパーティーVIS(コンピューター サイエンス学生会)に参加しました。これはヨーロッパで人気の高いジョブ フェアのひとつで、スイスでは最大級の大学ITリクルート フェアです。主催者の一員として、私たちはETHチューリッヒのコンピューター サイエンス学部の学生と卒業生を誘い、弊社のコーヒー バーから美味しいビスケットと有名なイタリアン エスプレッソ、カプチーノでもてなす機会を持ちました。さらに、think-cellののワーク ライフ バランスを垣間見てもらうため、新しく作られた短いキャリア ビデオも持参しました。

当社チームは、当社CTO、アルノ・ショドル(Arno Schödl)と当社の開発者であるフォルカー(Volker)とマックス(Max)で構成されていました。弊社の製品を紹介するとともに、私たちのソフトウェアの基本となっている複雑なアルゴリズムについて説明しました。

昨年のイベントで私たちを覚えてくれていた学生がいたのは嬉しいことでした。また、ETHに在籍している新しいスイス国内の学生や留学生にも会うことができました。彼らは弊社や求職情報、インターンシップの機会、ベルリンのthink-cellで学士号や修士号の卒論を書くオプションについて詳細な情報を求めていました。

ETHチューリッヒではとても有意義な時間を過ごすことができました。来年も楽しみにしています!またお会いしましょう!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリアページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellの求人情報think-cellでのワーク ライフ バランスthink-cellでの

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)

シェア

think-cell は、本サイトの機能、パフォーマンス、セキュリティを強化するためクッキーを使用します。本ウェブサイトのすべての機能をお使いいただくには、お客様の同意が必要となります。think-cell によるクッキーの使用およびお客様のプライバシー権に関する詳細は、当社のプライバシーポリシーでご確認いただけます。