C++カンファレンス(ベルリン)

イベントの内容

これまでよりも少し早く、C++ミーティングカンファレンスが2017年11月9日木曜日から11日日曜日までベルリンのアンデルズホテル で開催されました。4トラック、30以上の講演、三つの基調講演がスケジュールに含まれていました。基調講演を行ったのは、Sean Parent(Adobeの首席研究者)、Kate Gregory(Microsoftのリージョナル ディレクター)、Wouter van Ooijen(デルフト工科大学、ユトレヒト工科大学の上級講師)でした。これまでと同様、私たちはスポンサーとしてこのイベントを支援しました。think-cellは、講演の合間に出席者が集まり、弊社の就職機会について情報を得られる居心地のよいスペースになりました。このイベントを実現していただき、Jens Wellerとチームに感謝いたします!スライドアーカイブは彼らのウェブサイトでご覧いただけます。

最初のSean Parentの基調講演に魅了されて聞き入る出席者

ミーティングC++の600人以上の出席者がSean Parentの講演を聞きました

think-cellは毎年、ミーティングC++を支援しています

think-cellと他社がこのイベントを主催しています

最も直近に入社した社員からベテランのディベロッパーまで多様な社員がミーティングC++に参加しました!

ベテラン社員から新社員まで写真におさまる弊社のディベロッパー

スタンドでは、とても特別なクッキーとともに就職機会の情報を記載したパンフレットを配りました

think-cellのラウンジでは、ブランデンブルク門のクッキーとキャンディを用意しました

ディベロッパーは時間をかけて、ラウンジで出席者に会い、質問に答えました

C++プログラマーはラウンジで弊社のチームとの討論を楽しみました

ミーティングC++を組織して成長させていただき、Jens Wellerとチームに感謝いたします!

Jens Wellerはイベントの準備を支援したスタッフとボランティア全員を壇上によびました

弊社のディベロッパーは討論と会話を楽しみました

弊社の社員は世界中から集まった他のC++ディベロッパーと会うことができました

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)