コンタクトパーティー(ETHチューリッヒ)

イベントの内容

2017年3月4日、再び美しいスイスを訪れ、ETHチューリッヒで年次コンタクトパーティーに参加しました。私たちの明るい緑色のコーヒーバーはすでに常設アイテムとして期待されていました。カフェインと新鮮なフルーツ、おいしいカップケーキを満載したスタンドは1日中、多くの出席者を引き寄せました。コーヒーとビスケットを手に、欧州各国の最も優秀な学生とモダンなC++プログラミングについて話し合いました。私たちがこれまでに解決してきた難しい問題と弊社の開発方法を紹介する際は、ETHチューリッヒのコンピューターサイエンス学部の多数の学生と卒業生に参加していただきました。

また、think-cellでの就職機会について説明しました。いつの日かベルリンで弊社に加わってくれるよう説得できたのではないかと期待しています。再び、ETHチューリッヒですばらしい時間を過ごしました。来年も必ず帰ってきます。また、私たちのスタンドでお会いしましょう!

美しいチューリッヒに訪問したのは雲ひとつない明るい日でした...

...学生にコーヒーをふるまい...

...弊社のソフトウェアについて話しました。

通りすがりの人も新鮮なフルーツに引き寄せられ...

...誰もが弊社のシニアディベロッパーの話を聞くために残りました。

弊社のソフトウェアの様々な特徴を説明し...

...ソフトウェア開発の最近の変化について私たちの意見を共有しました。

甘いチョコレートとエキサイティングなキャリアのオプションーこれ以上必要なものはありますか?

いつものようにETHチューリッヒではすばらしい時間を過ごすことができました。私たちのスタンドで来年もお会いしましょう!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)