EAT++(チェコ工科大学、プラハ)

イベントの内容

4月18日、美しいプラハの街を訪れ、Javaに比較したC++の多くの利点に関する講演を行いました。複雑だと言われているものの、C++がJavaよりも優れている理由をシニアソフトウェアエンジニアのValentin Zieglerが説明する間、135人のゲストが熱心に聴き入りました。プラハのチェコ工科大学での講演の後、50人のゲストとすばらしいディナーを楽しみ、モダンなC++プログラミングからthink-cellの継続的な標準化活動まであらゆるトピックについて話し合いました。

これほど多数の才能あふれるC++愛好家と会うことができて幸いでした。この美しい街を初めて訪問したばかりですが、もう次の訪問の計画を楽しみにしています。

講演を見逃した場合や再びお聞きになりたい場合は、是非ご覧ください。

C++の無数の利点に関するValentinの講演で...

...出席者はどの言語がより強力なのか確信しました。

レストランまで一緒に歩いた後、50人のゲストは...

...ディナーの間、プログラミングに対する熱意を語り合い...

...リラックスし打ち解けた雰囲気の中で...

...新しい友人との時間を楽しみました。

Arnoはthink-cellの創設の歴史を簡単に説明し...

...弊社の就職機会と多くの福利厚生に関する質問を受けました。

もちろん、この夜の本当のスターは見た目も美しくおいしい料理と...

...夜遅くまで講演に関する質問に答え続けたValentinでした。

なんともすばらしい夕べでした。プラハの皆さん、ありがとうございました!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)