Computational Visualistics Day at University of Koblenz-Landau

イベントの内容

弊社では現在、コンピューターグラフィックスと理論計算機科学の知識があるクリエイティブなC++ディベロッパーを募集しているため、コブレンツ・ランダウ大学のコンピューター ビジュアル学部には注目していました。2014年コンピューター ビジュアル デーではアイスクリーム スタンドを設けて、夏のパーティーの雰囲気を盛り上げることにしました。この学部で最も才能があり献身的な学生が非常に優れたプロジェクトから一休みしてアイスクリームを食べる間、彼らと知り合うことができるためです。

イベントをさらに盛り上げるため、当社のCTOアルノ・ショドル(Arno Schödl)より、当社のMeeting C++スカラーシップの発表も行われました:ベルリンのC++カンファレンスへのチケット50枚を用意し、特に優秀な学生に授与するのです。

アルノ(Arno)が…

...ユーモアを交えてthink-cellの沿革を説明した後...

...キャンディのようにアイスクリームを配りました...

私たちのプランは独創的ながらもシンプルでした。まずは...

...最も才能ある学生をキャンディで勧誘してから

すばらしい就職機会を説明し...

...その後、小さなおいしいアイスクリームのカップを渡します。

学生が笑い、舌がまだ硬くて冷たいうちに...

...容易な応募方法についてさらに説明します。

私たちはthink-cellについて多くの質問に答え...

...これまでに解決してきた問題について簡単に説明しました。

つまるところ、すばらしいイベントでした。コブレンツの皆さん、ありがとうございました!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)