卒業パーティー(ハンブルク大学)

イベントの内容

初めてハンブルク大学のロボカップチーム、Bit-Botsにロボカップドイツオープン2014で出会ったときは、感銘を受けました。同大学の情報科学部が卒業パーティーを行うと発表した際、私たちは弊社のカクテルバーで午後の雰囲気を盛り上げることにしました。何と言っても、美味なカクテルほど卒業式をすばらしいサマーパーティーに変貌させることのできるものはありません。

ロボカップで知り合った友人に再び会うこともできました。Bit-Botsの皆さん、また近々お会いしましょう!

パーティーのグリーンスポットでひとときの静けさを満喫するバーテンダー。

しかし、それ嵐の前の静けさでした。

食事をしながら新しい友達を作り...

...もちろん、それは列に並んでいる間です!

Fionaです。

Fionaが人々を楽しませる間...

...カクテルがロマンティックな雰囲気を演出し...

...ハンブルクの人々を笑顔にしました。

卒業生の皆さん、おめでとうございます!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にClaudia Romanまでお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

Claudia Roman、think-cell人事担当