レビジョン(ザールブリュッケン)

イベントの内容

世界最大のピュアデモシーンイベントであるレビジョンが復活祭の期間中にザールブリュッケンで開催された際、think-cellはカフェインを提供しました。喉を乾かせた人に常時、コーヒーを提供したのです。

土曜日には夜が明けると、E-Werkを訪れてパーティーに参加し、疲れ切ったデッドラインファイターの頭をアイスクリームで冷やしました。この分野で最高の人たちに会い、会話することができてよかったです。また、レビジョンは優れたコーダーを探すには格好の場所だということもわかりました。来年もまたお会いできることを楽しみにしています!

レビジョンは土曜の朝から...

...活況でした。

弊社のコーヒーは欠かせない朝食の必需品でした。

選択肢は強いコーヒー、または強いコーヒーで、ゲストはもちろん強いコーヒーを選びました。

そのため、出席者は午前中、非常に...

...目がぱっちり見開いていました。

あらゆる年代の新しい友人とともに...

...私たちはレビジョン2014の...

...クリエイティブな渦に巻き込まれました。

常にアイスクリームを手に...

...弊社での就職機会に関する質問に答えました...

...think-cellで解決してきた多くの問題についても説明しました。

午後にArnoが観衆を沸かせた後...

...さらに興味深い候補者数人に会うことができました。

最後には、アイスクリームはすべてレビジョン参加者のお腹におさまりました。

レビジョン2014はとにかくすばらしいイベントでした!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)