EAT++ at RWTH Aachen

イベントの内容

コンピューター サイエンス デー2013からわずか1ヶ月後の2014年1月23日、私たちは卓越したEAT++のためにRWTHアーヘンを再び訪れました。高い関心を寄せる70人以上の出席者の前でthink-cellのシニアソフトウェアエンジニア、Valentin Zieglerが 「C++メモリー モデル」というタイトルの同時プログラミングに関する新しい講演を行いました。

講演の後は、アーヘンで評判の高いレストランRatskeller Aachenで65人のゲストを迎えました。真夜中まで一緒に食事し、話し、笑い合いました。美味な夕食の間、ワインのグラスを傾けながら、講演の直後には出なかった多数の質問と回答も飛び交いました。

好奇心旺盛な70人以上のゲストが講演に出席しました...

...Valentin Zieglerによる「C++メモリーモデル」です。

その後、9人のthink-cell社員が...

...65人のゲストをゆったりとしたディナーに迎えました。

前菜の後...

…当社のCTOアルノ(Arno)…

...ユーモアを交えてthink-cellの設立過程を説明し、ゲストを沸かせました。

その後、抽選で幸運な勝者にNEXUS 7が授与されました。

これで終わりではありません...

...まだまだ続きます。弊社のディベロッパーと...

...テクニカルサポートが...

...会話に加わり、夕食が終わってからも長らく講演や...

...弊社での求人情報に関する質問に答えました。

いつものように私たちはアーヘンですばらしい夕べを過ごしました。

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)