卒業パーティー(ダルムシュタット工科大学)

イベントの内容

11月29日、私たちはダルムシュタット工科大学コンピューター サイエンス学部の卒業式に出席するため、ヘッセンへ向かいました。卒業式の間、27人の卒業生が心温まる祝辞を受けました。短い激励の言葉で卒業式を始めたReiner Hähnle教授は、Victor Hugoの言葉を引用しました。「未来には多くの名前がある。弱い者にとっては達成不可能。恐れている者にとっては未知。勇気ある者にとっては機会。」 未来に何が待ち受けているのかに関わらず、27人の卒業生全員の活躍をお祈りします。

卒業式の後、think-cellはダルムシュタットのヘッセン歴史公文書館のロビーで軽食ビュッフェを用意してゲストを待ちしました。

式典はお祝いムードあふれるKarolinensaalで開かれました。

階段を下りてロビーに到着した27人の卒業生は...

...あたたかく迎えられました...

...美味なビュッフェは...

...think-cellが用意したものです。

ゲストが卒業を祝い...

...楽しい時間を過ごす間...

...卒業生はガウンを着て写真撮影をしました。

卒業生の皆様、今後のキャリアでご多幸をお祈りしています!

think-cellとは?

think-cellは2002年、2人のコンピューター科学者によって創設され、今もこの2人が経営しています。骨の折れるプレゼンテーションスライド作成のほとんどの作業を行うグラフィックスソフトウェアを要求の高いユーザー向けに作成しています。

弊社および職場環境の詳細については、キャリア概要ページをご覧ください。私たちが毎日、直面している開発上の問題に関する詳細な情報をお探しの場合は、C++ディベロッパー求人情報をご覧ください。

詳細な情報をご希望ですか?

think-cellでの仕事、求人情報、イベントについてご質問がある場合は、お気軽にマリサ・フリーズ(Marisa Freese)までお問い合わせください。

hr@think-cell.com
+49 30 666473-10

think-cell人事部門責任者マリサ・フリーズ(Marisa Freese)